演劇企画集団THE・ガジラ年間WS公演『ドグラ・マグラ』

2017年 6月4日(日)~12日(月) @SPACE 雑遊

【原作】夢野久作

【上演台本・演出】鐘下辰男

doguramaguradoguramagura

出演

アフリカン寺越、亜矢乃、石井俊史、岩野未知、加古みなみ、國松卓、桑野緑、相良長仁、渕上夏帆、松田佳央理、大和義隆、和田真季乃(50音順)

会場

SPACE 雑遊(新宿三丁目)

タイムテーブル

6/4 6/5 6/6 6/7 6/8 6/9 6/10 6/11 6/12
13:00
18:00
19:00

※全11ステージ

チケット

3500円(一般・当日共に)
学生料金 2500円(枚数限定・要証明書)
※全席自由/税込・未就学児はご入場いただけません

チケット申し込み

ticket.the.gazira@gmail.com
にお名前・ご希望日時・ご希望枚数をご記入の上、ご送信くださいませ。返信メールをもちまして、予約完了とさせていただきます。

スタッフ

舞台監督:伊澤玲
昭明:塚原佑梨
音響:中村光彩
演出助手:八子あゆみ
票券:佐藤紘子
宣伝美術:根本匠
製作:(有)ガジラ

演劇企画集団THE・ガジラ 年間WS公演 『或る女』

2016年 6月30日(木)~7月3日(日) @下北沢 小劇場B1

【原作】有島武郎

【上演台本・演出】鐘下辰男

「新たな “罪” の意識」
「色を売る賤女にも劣りし女」─これは今回の演目である有島武郎の小説『或る女』のモデルとされた実在の女性が受けたバッシングである。文学史に詳しい方は有名な事件なのでご存知の方も多いだろう。とかく “男と女” となれば古今東西人々の興味はつきないものだが、それにしても昨今の “謝罪ブーム” はいかがなものだろうか。生活を脅かす不祥事ならまだわかるが、単なる一個人、もしくは一グループの進退問題までが「謝罪会見」である。ああした類いの「謝罪会見」を観て「そもそもこれは一体、誰が誰に謝罪しているのだろう」という懐疑を抱くのは私だけではないだろう。「火の無い所に煙は立たぬ」ではないが元来 “罪” のない所に謝罪はない。ならばそれはいかなる “罪” だったというのか。それは世間という不特定多数の人々に謝罪せねばならぬほどの “罪” だったのか。
結局私たちは、それが “罪” だから謝罪を “求めた” のではなく、「謝罪」という “行為” が行われたことではじめてそれを “罪” だと認識しているというのが実際のところではないだろうか。つまり根拠なき「謝罪」(もちろんすべてがそうだとは言いません)によって新たな “罪意識” が私たちの中に醸造されるという本末転倒的な一種のスパイラル状態に私たちは陥っているのかもしれない。私が恐怖するのは、そうしたシステムが結果的に私たちの行動規範をどう変質させていくのかという “予感” である。『或る女』の主人公は明治20年代に思春期を過ごし30年代の舞台を生きた女性だ。この明治20年代~30年代というのは維新の黎明を経て、徐々に日本が国家主義へと邁進していく時期と符合する。これはそのまま、「公共」という “正義” が至るところで提唱され、プチ全体主義化している「現代」とも重なり合って来る。私はそれが気味悪いのである。
2016/04/26 鐘下辰男

出演

伊澤玲、岩野未知、笑子、加古みなみ、笠倉遼、
川端さくら、岸波佑太朗、鯨井智充、佐藤紘子、髙森愛花、
橘佳世、豊永純子、中村まく、松田佳央理、山下知子
(50音順)
千葉哲也(ゲスト出演)

gazira_aru-onna_omote

下北沢 小劇場B1

〒155-0031 世田谷区北沢2-8-18 北沢タウンホール地下1階

タイムテーブル

6/30 7/1 7/2 7/3
14:30
19:00

★…金曜割引
※当日券の販売は開演の45分前より
※開場は開演の30分前より

チケット

前売り・当日とも:3,500円 ★金曜割引:3,200円
学生料金:2,500円(枚数限定・要証明書/ガジラHPのみ取扱い)
※全席整理番号付自由席・税込
※未就学児はご入場いただけません

【カンフェティ先行】5/30(月)19:00~ スタート!!
http://confetti-web.com/aruonna
0120-240-540(平日10時~18時)

【一般販売】6/4(土)10:00~ スタート!!

ガジラHP
https://www.quartet-online.net/ticket/52leqda

カンフェティチケットセンター
web予約
http://confetti-web.com/aruonna
電話予約
0120-240-540(平日10時~18時)

スタッフ

舞台監督:大刀佑介
照明:塚原佑梨
音響:中村光彩
演出助手:木村恵美子(kazakami 、アマヤドリ)
宣伝美術:坂村健次
票券:鈴木ちなを
制作:斉藤愛子 リトルジャイアンツ
企画・製作:(有)ガジラ

協力:北区AKT STAGEアイトゥーオフィス、劇団伊達組、微笑企画、バウスプリット株式会社、シルクロード、劇団じゅんこちゃん、株式会社クラスター、サイアンインターナショナル

お問合せ

Little giants gazira@littlegiants.biz

演劇企画集団THE・ガジラ 年間WS公演 『ルル』

gazira_lulu_omotegazira_lulu_ura

▶ チケット予約はこちらから(5月9日(土) 10:00〜 チケット発売開始)

2015年 6月18日(木)~21日(日) @下北沢 小劇場B1

【原作】F.ヴェデキント(地霊/パンドラの箱より)

【上演台本・演出】鐘下辰男

「 “アウトサイダー” は可能か?」
“アウトサイダー” とはほとんど今や「死語」だろうか……?もちろん “アウトサイダー” 風なものは今もあるだろう。しかし、かつての “アウトサイダー” と今のそれが異なるのは、結局は現行の「制度」の中である “役割” を担わされた一つの「キャラクター」へと堕落してしまったのに対し、かつてはわれわれを取り巻く、この「制度」そのものを “破壊” するなんらかの “力” を有した存在だったということ、そして同時に、特に “若者” と言われた者たちの「夢」や「ロマン」という少々青臭い感情をもかきたてる “起爆剤” でもあったということだ。それに比べれば、今語られる “アウトサイダー” (的)なものは、私に言わせればある種世間を賑わかすお騒がせ者的な “イロモノ” としてのそれでしかなく、結局、「制度」の “強化” の為に動員された都合のいい “捨てキャラ” でしかない。
GAZIRAの私塾も二年目になった。その二年目の研究発表の演目をF・ヴェデキントの『地霊』『パンドラの箱』のヒロイン、「ルル」が選択されたというのは、“自由” が疲弊するこの21世紀の “現代” にあって、そもそも “アウトサイダー” とは可能なのか?という問いかけが大きい気がする。もちろんそれは、「 “演劇” は可能なのか」という問いかけそのものでもあるのだ。
2015/04/11 鐘下辰男

出演

岩野未知、大木明、鯨井智充、髙橋美穂、武井信雄、別所晋、松田佳央理、
水本貴士、森郁月、四柳智惟、和田真季乃
(50音順)

下北沢 小劇場B1

2015年 6月18日(木)~21日(日) @下北沢 小劇場B1
〒155-0031 世田谷区北沢2-8-18 北沢タウンホール地下1階

タイムテーブル

6/18 6/19 6/20 6/21
14:00
19:00

★…金曜割引
※当日券の販売は開演の45分前より
※開場は開演の30分前より

チケット

一般前売開始 5月9日(土)10時より

チケット料金

前売り・当日とも:3,500円 ★金曜割引:3,200円
学生料金:2,500円(枚数限定・要証明書/ガジラHPのみ取扱い)
※全席整理番号付自由席・税込
※未就学児はご入場いただけません

チケット取扱い

ガジラHP https://www.quartet-online.net/ticket/uagrhos
カンフェティチケットセンター
web予約 http://confetti-web.com
電話予約 0120-240-540(平日10時~18時)

スタッフ

舞台監督:櫻井健太郎
セットデザイン:倉蔵
照明:塚原佑梨
音響:中村光彩

舞台監督助手:岩谷ちなつ
演出助手:岩渕幸弘
宣伝美術:坂村健次
票券:鈴木ちなを
制作:斉藤愛子 リトル・ジャイアンツ
企画・製作:(有)ガジラ
協力:アイトゥーオフィス、劇団伊達組、スターダストプロモーション

お問合せ

Little giants gazira@littlegiants.biz

演劇企画集団THE・ガジラ 年間WS公演『ロミオとジュリエット』

romejuli_0romejuli_1

【原作】ウィリアム・シェイクスピア

【作・演出】鐘下辰男

かつて男の子にとって、クリスマスや誕生日(冬期は特に)といった記念日にその交際している女の子からもらうプレゼントといえば “手編みのセーター” というのは一般的だった。私は1964年生まれだが、かろうじて高校時代まではそうした風習が残っていたように記憶している(私は北海道の田舎育ちなので都会よりは遅れているかもしれない)。 “手編みのセーター(もちろんマフラー、手袋なんてのもあった)” には女の子たちが幾日もかけて一つ一つ縫い上げて来ただろうその “身体” と “時間” が凝縮されていた。男の子たちはそれを自らの “身体” に重ねることで愛を実感した。だが “非身体” がブーム化する1980年代以降、こうした風習は急速に廃れていく(もちろんジェンダー問題もあるだろうが)。こんなことを書くと五十男の昭和思い出話と揶揄されるだろうことはわかっている。ただ、当時私たちは、これぞ時代の発展とばかりにこうした風潮の衰退を歓迎したわけだが、私たちはそこでなにを得て、なにを失ったのだろう。得たものを挙げるのは困難だが、失ったものなら次々と想起できる。“青春” もその一つかもしれない。そして “恋愛” も……。私が今回『ロミオとジュリエット』の上演を決めたのは、今一度そんな私たちを見つめ直したい欲求にかられたからである。
2014/03/16 鐘下辰男

出演

荒川大三郎、飯田太極、岩野未知、内田健介、大道朋奈、片岡ちひろ、
可児奈穂子、しまさきまちこ、関根敬子、髙森愛花、間瀬英正、松本光生、
もりのめぐみ、八子あゆ美、吉田裕貴
(50音順)

下北沢 小劇場B1

2014年 5月8日(木)~11日(日) @下北沢 小劇場B1
〒155-0031 世田谷区北沢2-8-18 北沢タウンホール地下1階

タイムテーブル

5/8 5/9 5/10 5/11
15:00
19:30

★…金曜割引
※当日券の販売は開演の45分前より
※開場は開演の30分前より

チケット

一般前売開始 4月12日(土)

チケット料金

前売り・当日とも:3,500円 ★金曜割引:3,200円
学生料金:2,500円(枚数限定・要証明書/ガジラHPのみ取扱い)
※全席整理番号付自由席・税込
※未就学児はご入場いただけません

チケット取扱い

ガジラHP
一般: http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=dbb20bee6a
学生: http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=f3a471256f

・ご予約が完了しますと24時間以内にgazira@littlegiants.bizより自動返信メールが届きます。
 届かない場合には、こちらのアドレスにお問合せ下さい。
・携帯電話のアドレスをお使いの方は、ドメイン解除をお忘れなくお願い致します。

カンフェティチケットセンター
web予約 http://confetti-web.com
電話予約 0120-240-540(平日10時~18時)

スタッフ

舞台監督:櫻井健太郎
セットデザイン:倉蔵
照明:塚原佑梨
音響:中村光彩
演出助手:岩渕幸弘

宣伝美術:雨堤千砂子(ワゴン)
制作:斉藤愛子・リトルジャイアンツ
企画・製作:(有)ガジラ

協力:(株)アイトゥーオフィス、劇団伊達組、(有)現代制作舎、リベルタ、シバイエンジン

お問合せ

Little giants gazira@littlegiants.biz

演劇企画集団THE・ガジラ『ゴルゴン(Gorgon)』

gorgon_omotegorgon_ura
日時・場所
2013年2月14日(木)~24日(日)・SPACE 雑遊
作・演出
鐘下辰男
出演
西山水木、とみやまあゆみ
今國雅彦、内田健介、大沼百合子、小野健太郎、白玉麻規子
タイムテーブル
2/14(木) 2/15(金) 2/16(土) 2/17(日) 2/18(月) 2/19(火) 2/20(水) 2/21(木) 2/22(金) 2/23(土) 2/24(日)
14:00
19:00
公演会場
SPACE 雑遊
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-8-8新宿O・TビルB1F
TEL:090-8846-5379 地下鉄 都営新宿線 新宿三丁目駅C5出口目の前
JR新宿駅 東口より徒歩10分
チケット
《発売日》2013年1月13日(日)前売発売開始
《料金》 全席自由 前売り4,000円/当日4,200円
22歳以下 3,000円(受付にて身分証明書呈示/劇団のみ取扱い)
※未就学児入場不可
チケット取扱い
THEガジラ
HPより
一般→ http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=6258fa0253
22歳以下→ http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=02d579d2eb
メール gazira@littlegiants.biz 件名を「ガジラ予約」として本文に
→お名前、→ご希望日時、→枚数、→ご住所、→ご連絡先お電話番号
をご記入ください。72時間以内にご予約内容確認メールをお送りいたします。
カンフェティチケットセンター
web予約http://www.confetti-web.com/detail.aspx?tid=115755
電話→ 0120-240-540(平日10時〜18時)
(公演前日まで予約・セブン発券可能)
スタッフ
舞台美術:島 次郎
舞台監督:鈴木政憲
照明:中川隆一
音響:井上正弘
衣裳:山下和美
演出助手:小山あずさ
宣伝美術:雨堤千砂子(wagon)
制作:Little giants
協力
株式会社プリエール、TEAM HANDY、(有)現代制作舎、有限会社ジェイ.クリップ、
株式会社Runs First、池林房・太田篤哉
助成:日本芸術文化振興基金
企画・製作:(有)ガジラ
お問合せ
Little giants 090-8045-2079(平日12時~19時)

Happy Days~幸せな日々~

作・演出
鐘下辰男
出演
千葉哲也、柿丸美智恵、とみやまあゆみ、皆戸麻衣、山口航太/寺十吾/塩野谷正幸
2012年8月9日(木)~19日(日)
タイムテーブル
8/9 8/10 8/11 8/12 8/13 8/14 8/15 8/16 8/17 8/18 8/19
14:00
19:00
公演会場
笹塚ファクトリー
〒151-0073 渋谷区笹塚1丁目56-7 京王笹塚ビル地下2階 TEL:03-5371-4665
京王線・笹塚駅北口下車 徒歩0分
チケット
《発売日》2012年7月7日(土)前売発売開始
《料金》 全席指定・前売 4,500円/当日 4,800円
22歳以下 3,000円(受付にて身分証提示/劇団のみ取り扱い)
※未就学児入場不可
チケット取扱い
THEガジラ
HPより
一般→ http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=b58f815783
22歳以下→ http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=b157ed3f58
メール gazira@littlegiants.biz 件名を「ガジラ予約」として本文に
→お名前、→ご希望日時、→枚数、→ご住所、→ご連絡先お電話番号
をご記入ください。72時間以内にご予約内容確認メールをお送りいたします。
カンフェティチケットセンター
web予約http://www.confetti-web.com/detail.asp?tid=113859
電話→ 0120-240-540(平日10時〜18時)
(公演前日まで予約・セブン発券可能)
スタッフ
舞台美術:島 次郎
舞台監督:高橋淳一
照明:中川隆一
音響:井上正弘
衣裳:山下和美
演出助手:船岩裕太
アートディレクション:雨堤千砂子(ワゴン)
制作:Little giants
協力
オフィスまとば、フレンドスリー、流山児事務所、ザズウ、tsumazuki no ishi、
クレイ、毛皮族、ナイロン100℃、エスアーティスト、はえぎわ、
助成:日本芸術文化振興基金
企画・製作:(有)THE ガジラ
お問合せ
Little giants 090-8045-2079(平日12時~19時)